フェアトレードについて

チョコレートの原料となるカカオ産業では、カカオ農家が公正な価格を受け取れずどんなに一生懸命働いても貧困から抜け出せなかったり、子供たちを強制的に労働力としている現状があります。彼らのハードワークに値する適切な賃金、価格を払い、子供に労働をさせず、農家が抱える問題の解決を協力したりすることで継続的に良質な原料を仕入れることができる仕組みをフェアトレードと呼びます。

カカオ産業の強制労働についてもっと知りたい方はこちらの動画をご覧ください。'The Dark Side of Chocolate'

フェアトレードマークは、国際フェアトレード認証機構(FLO)が設定した基準に従い、生産過程、取引が行われたと認証された商品に付与されます。これは公正な価格を生産者に払っているということ、奴隷や子供たちに労働を強制していないということを示しています。また、カカオを購入する企業は小規模農家に投資し地域を活性化させ、原材料は環境に優しい状況のもとに生産されていることも意味しています。